に投稿 コメントを残す

元SparksゼネラルマネージャーのPenny Tolerがチームを提訴

Tolerは、元チーム社長のChristine Simmonsとチームのマネージングパートナーであり、知事のEric Holomanの”職場行動についての苦情を提起した後”の報復と関係があると述べた。 この訴訟は、シモンズがチーム社長として在任している間に”婚姻外の事件に従事していた”と述べた。

広告

また、2015年から18年までのチームの元コーチであるブライアン—アグラーを含む男性従業員のためのダブルスタンダードがあったと述べているが、スーツにはアグラーの名前は記載されていない。

火曜日に連絡したとき、ホロマンは訴訟が提起されていることを認識していないと述べた。 シモンズもアグラーもすぐにコメントのために火曜日に到達することができませんでした。

「彼女は女性だったので、彼女は選抜され、異なった扱いを受けたように見える」とTolerの弁護士Dawn CoxはAp通信に語り、Tolerの試合後のコメントに言及した。 “コーチは、彼らが解雇を取得するために自分の選手に話す、多くのコーチは厳しい言語とはるかに論争の言語を使用しています。 用語がOKでない場合、それは皆のためにOKではありません。”

広告

しかし、Tolerは、最初にHolomanが公に彼またはスパークスの選手が彼女の言語によって怒られたアカウントを却下し、決定が精査された後にのみ、爆発のために

Sparks組織内の誰がTolerがSimmonsとHolomanの関係の疑惑について彼女の苦情を登録したのかは不明である。 しかし、Tolerは、Simmonsが2018で組織を去った後でさえ、彼女はHolomanとの個人的な関係のためにチームが行う決定に影響を与えたと訴訟で語った。 トーラーは、彼女が取引キャンディス*パーカーに探していたと述べたが、シモンズとパーカーが近かったので、ホロマンは彼女が取引をさせないだろう。

「私は派閥の一員ではなかった」とTolerはAPに語った。 “毎日の人々は、彼らがこの所有権によって取得された後、私は火花のために働いてここを通過したか見当がつかないでしょう。”

広告

彼女はそれが綱渡りを歩いているようなもので、バランスを取ろうとしていると言いました”私が物事が正しくないときに発言しようとすると、地雷原を踏んでいる間にチームがチャンピオンシップに勝つために勝つために。”

2009年から2016年までゼネラルマネージャーのために働いていたTolerのエグゼクティブアシスタントAngela Bryantは、SimmonsとHolomanの関係は公然の秘密であると述べた。”

Tolerは、Aglerを含むSparksの男性従業員とは異なった扱いを受けていると述べた。 Tolerは、元コーチは口頭で選手を虐待し、それのために訓練されていないだけでなく、正体不明の選手と性的に不適切な関係を持っていたと述べました。

広告

Tolerは、Sparks managementにAglerとプレイヤーとの関係を調査するよう依頼し、Holomanから彼がそれを処理すると言われたが、何の行動も取られなかったと述べた。 彼女は、リーグが2019で彼女に手を差し伸べるまで、彼女は再び主張について何も聞いていないと言いました。

トーラーの契約は3月31日に満了するように設定された。 彼女はここ数ヶ月、彼女が負っていると感じている給料を得て、彼女の名前をクリアすることについてチームと議論していましたが、彼らはどこにも行か 彼女は火花の評判を損なうことを望んでいなかったが、彼女は法的措置につながる、他の選択肢が残っていたと述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。