に投稿 コメントを残す

幼児期における進行性難聴

目的:言語発達への影響により、小児の聴力閾値の低下が懸念されている。 ユニバーサル新生児聴力スクリーニング(UNHS)以前は,難聴の発症に関する情報が限られているため,難聴の進行に関する正確な情報を得ることは困難であった。 この人口ベースの研究の目的は、カナダの1つの地域でUNHSプログラムに続いてコホートで進行性の損失を経験した子供の割合を文書化することでした。 我々は、リスク指標、聴覚学的、および小児の臨床的特徴を含む進行の危険因子を検討した。 また,年齢の関数としての聴力の低下についても検討した。 この研究では、進行性難聴の2つの実用的な定義が採用されました: (1)3つの周波数(500、1000、2000Hz)の純音平均で≤20dBの変化、(2)500と4000Hzの間の二つ以上の隣接周波数で≤10dBの減少、または同じ周波数範囲で1オクターブ周波数で15dBの減少。

デザイン:人口ベースのデータは、UNHSの実施後の2003年から2013年までに同定された子供のコホートについて前向きに収集された。 リスク指標(幼児聴力に関する合同委員会による)、診断時の年齢、難聴の種類と重症度、および最初の聴覚情報を含む臨床的特徴は、子供が難聴で最初に同定されたときに記録された。 この研究のための医療チャートから連続聴力測定結果を抽出した。 進行性難聴と安定した難聴の子供の違いは、γテストを使用して検討されました。 リスク指標と進行性難聴との関連をロジスティック回帰によって評価した。 1歳から4歳までの聴力の累積劣化量も調べた。

結果:詳細な聴覚学的記録を有する330人の子供(スクリーニングに曝された251人)の分析では、158人(47.9%)の子供が少なくとも片耳の聴覚閾値にある程度の悪化(少なくとも≥10dBおよび)を有していたことが示された。 158人の子供には、少なくとも一方の耳で純音平均で20dB以上の損失を持つ76人(48.1%)と、聴力レベルの低下が少ない82人(51.9%)が含まれていました(10ドルだが<20dB)。 進行性難聴の小児では、最初に両側性難聴と診断された131人の小児のうち、75人(57.3%)が1耳で悪化し、56人(112耳;42.7%)が両耳で悪化した(合計187耳)。 片側性喪失の初期診断を受けた27人の子供のうち、25人は障害耳の悪化を経験し、5人は正常聴力耳の悪化を経験し、両側性難聴に進行した。 診断後4年以内に、進行性損失を有する子供の聴力の平均低下は、右耳で25.9dB(SD:16.4)および左耳で28.3dB(SD:12.9)であった。 我々は、我々のサンプルに十分な数があった幼児聴覚に関する合同委員会によって同定された難聴の危険因子を検討した。 多変量解析では、検査されたほとんどのリスク指標(新生児集中治療室の入院、家族歴、症候群、および出生後の感染症)と進行性の損失の可能性との間に統計的に有意な関係はなかった。 しかし、頭蓋顔面異常の存在は、進行性難聴のリスクと逆に関連していた(オッズ比=0.27;95%信頼区間:0.10、0.71;p=0。01)、つまり、これらの子供たちは、安定した聴覚を持っている可能性が高かったです。

結論:このコホートの子供のほぼ半分が聴力の低下を経験したことを考えると、早期難聴の同定後の聴力の新生児後の緊密なモニタリングは、最適な増幅と治療を確実にするために不可欠である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。