に投稿 コメントを残す

惑星の周りにリングがどのように形成されているかの謎を解決しました

土星、木星、天王星、海王星(太陽系でも最大の惑星)の周りにリングが形成されていることについての未知が解決されたようです。 国際的な科学者チームは、これらの環が普遍的に類似した粒子分布を有することを発見した。 この研究は、National Academy of Sciences(PNAS)のジャーナルProceedingsに掲載されています。

これまでのところ、土星のリングは、具体的には、異なるサイズの氷の粒子、おそらくいくつかの遠くの壊滅的なイベントからの残党で形成されていることを知っていました。

“驚くべきことは、異なるサイズの粒子の相対的な存在量が、高精度で、逆立方体の数学的法則に従うということです。 つまり、2メートルの粒子の存在量は1メートルの粒子の存在量よりも8倍小さく、3メートルの粒子の存在量は27倍小さくなります」と研究のリーダーであるNikolai Brilliantovは説明します。

太陽系の外に惑星の輪がある可能性も高いだけでなく、この研究は、これまで天体物理学者が考えていたよりも一般的で一般的であることが証明された惑星の輪の粒度分布の謎を解決しました。私は土星と天王星として知られている惑星からこの鍵を拡張し、大きな小惑星として、チャリクロとカイロンとして、直径がわずか数百マイルで、またリングに囲まれています。

“私たちは最終的に粒度分布のパズルを解決しました。 特に、私たちの研究は、観測された分布が土星の環に特有のものではなく、普遍的な性格を持っていることを示しています」とBilliantovは結論づけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。