に投稿 コメントを残す

用語集

“”

私たちは、”ピクルボールの芸術”の著者であるゲイル-H-リーチに感謝したいと思います。”以下の用語について。
ベースライン:ピックルボールコートの後ろのライン(ネットから22フィート)。
中心線:非ボレーゾーン線からベースラインまで伸びるサービスコートを二等分する線。
クロスコート:相手のコートを斜めに反対側にします。
ディンク: 相手の非ボレーゾーンに着陸する、非ボレーゾーン内またはすぐ後ろから開始されたソフト、低ショット。
ダブルバウンスルール:サーブ後、各チームは最初のショットをバウンスからプレーしなければならず、その後ボールはバウンスからプレーまたはボレー
障害:集会を終了する規則の違反。
足の障害:サーブ中にパドルがボールに接触した瞬間にベースラインの後ろに少なくとも片足を保持し、地面に触れなかったり、ボールをボレー中に非ボレーゾーンに足を踏み込んだりすることができなかったりする。
ハーフボレー: それはほとんどスクープのような方法でバウンスした直後にプレイヤーがボールを打つヒットの種類。
レッツサーブ:ネットの上に触れ、適切なサービスコートに着陸するサーブ(それはペナルティなしで再生されます)。
非ボレーゾーン:ネットに隣接する七フィートのエリアで、ボールをボレーすることはできません。 非ボレーゾーンには、通常、その周りのすべての線が含まれています。
密猟:ダブルスでは、ボールをプレイするためにあなたのパートナーのエリアに交差します。
ラリー:相手の間でボールを前後に打つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。