に投稿 コメントを残す

第3.18章人事管理計画

第3.18章人事管理計画

セクション:

3.18.010範囲と目的。

3.18.020差別禁止。

3.18.030

3.18.040

3.18.050

3.18.010範囲と目的。

A.この章は、地方自治体のすべての部門に適用されます。 この章はスカグウェイ教育学区には適用されません。

この章の目的は、第3.18.040項に従って採択された人事規則であり、その人事制度の管理において自治体が従うべき原則および慣行を定め、雇用のメリット原則に基づいて公正かつ均一な人事管理システムを確立することを意図している。 “雇用のメリット原則”とは、

1を意味します。 最初の任命のための資格のある応募者のオープンな検討を含む、彼らの知識、スキル、能力と作業を実行する意欲に基づいて従業員を募集、選択し、促進する;

2. 不適切な業績または容認できない行動の是正のための一時的な期間の合理的な努力、および原因のための分離を含む、職務の業績および行動に基づ 知識、スキル、能力、および作業を実行する意欲に関してのみ、従業員と応募者の平等な待遇;

4. 割り当てられ、実行された作業に基づいて賃金のレート;と,

5. 従業員の選択と保持は、政治的影響から保護されています。

(Ord.11-05,Amended,06/23/2011;Ord.92-13,Added, 05/21/1992)

3.18.020 差別は禁止されています。

スカグウェイ市の方針は、人種、肌の色、出身国、宗教または信条、性別、年齢、身体的または精神的障害、婚姻状況、婚姻状況の変化、妊娠または親子関係に基づ 自治体は、合理的な宿泊施設の有無にかかわらず、その人が仕事の本質的な機能を果たすことができることを条件として、雇用行動における障害者の また、人の政治的意見や所属に基づいて差別しないことも自治体の方針です。 いかなる従業員も、違法な差別的要因のために、他の従業員を援助、解雇、強制、強制、または共謀して解雇したり、辞任させたりしてはなりません。

(Ord.11-05,Amended,06/23/2011;Ord.92-13,Added, 05/21/1992)

3.18.030 管理。

セクション3.01.095に確立されているように、自治区のマネージャーは、すべての自治体部門の人事管理のための全体的な権限と責任を持っていなければな セクション3.01を参照してください。095(C)(7),マネージャーは、人事担当者として機能しなければなりません,アセンブリは、人事担当者を任命するマネージャーを許可しない限り、.

(Ord.11-05,Amended,06/23/2011;Ord.92-13,Added, 05/21/1992)

3.18.040 人事ルール。

a.総会は、決議により、この章の目的を遂行し、この人事管理計画を実施するために必要な人事規則を採択するものとする。

b.人事規則は以下を規定するものとする。

1. 位置分類計画の作成、維持および管理;

2. 報酬プランの作成、維持および管理;

3. 雇用が求められている職位または階級の職務を遂行するために検査された人の知識、スキル、能力および意欲を公正にテストする従業員の採用、審査および選択方法の使用;

4. 市の奉仕と適切な保護観察期間への任命の方法と種類;

5.

6. パフォーマンス評価を行うための手順;

7. 従業員研修プログラムの開発;

8.

9. 辞任および任意降格の手続き

10. 係争中の人事行動の見直しおよび従業員の苦情および控訴の解決のための手順;

11. 労働力削減のための方針と手順;

12. 政治活動、雇用差別、ハラスメント、縁故主義、薬物およびアルコールの使用および外部雇用を含むがこれらに限定されない禁止または制限された活動を 従業員の補償および払い戻しのための手続き;および

14。 この章を実行し、実施するために必要なその他の事項。

(Ord.11-05,Amended,06/23/2011;Ord.92-13,Added, 05/21/1992)

3.18.050 従業員を免除します。

人事管理計画は、免除された従業員を除いて、自治区の市政府のすべての従業員に適用されます。 免除された従業員は、その位置自治区議会の喜びで提供し、その雇用の期間は自治区議会によって決定される人によって満たされている従業員です。 免除された位置は自治区のマネージャー、自治区の事務員、自治区の会計係、警察のチーフ、診療所のエグゼクティブディレクターと自治区の弁護士です。 免除された従業員は、従業員の雇用契約に別段の定めがある場合を除き、人事管理計画の規定によってカバーされます。 苦情、規律および評価手続きに関する規定は、従業員の雇用契約の書面による期間が特に別段の定めがない限り、免除された従業員がいつでも理由なしに終了することができることを除いて適用されます。

(Ord.11-05,Amended,06/23/2011;Ord. 92-13,Added,05/21/1992)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。