に投稿 コメントを残す

Plenitude

Plenitudeはラテン語のplenitudoから直接来た言葉で、接頭辞”Plenus”では完全または完全を意味し、これは大きさを示すインド-ヨーロッパ語のPelに関連付けられています。 そのため、満腹感は常に完全、完全、または満足と呼ばれます。

他の定義では、膨満感の状態に入ることは完全に感じることであり、あなたが欠けているものは何もなく、これはあなたがエクスタシーに到達し、長期の瞬間に大きな幸福を感じることができることがわかります。 同様に、この言葉は、しばしば、一体的で幸せで責任ある人を指すために使用されます。

充足の曖昧さ回避

最も適切な定義を理解するためには、その意味がその文学的定義に従って何であるかを定義するその根を探す必要があり、充足の場合、接頭辞plenusと接尾辞tudoの和集合から来て、plenustudoという言葉を形成していることがわかります。

Fullness

さて、接頭辞’Plenus’は完全を意味し、接尾辞’Tudo’は抽象的な品質であるため、fullnessは抽象的な全体であることが理解されています。

今日の言葉に与えられている主な用途の一つは、人が幸福に満ちている原因不明の幸福の瞬間をカタログすることですが、これは目標や他の非有形

この面では、満腹感は、魂を満たし、不安に休息を与える喜びの感覚であり、あなたが目標に達し、登るのに多くの費用がかかるその山の頂上にいると感 満ち足りていることによって、魂はめったに到達されない幸福の状態に達し、記憶の中で永遠になる瞬間を持続させます。

遠地点

満腹感によく与えられるもう一つの有用性は、最高の瞬間にあり、最も強く、最も楽しんでいる瞬間を指すことです。 この定義の例は、秋、夏、春、冬などの季節の最良の部分について話すために使用される場合です。

ここでは、テレビ番組のシーズンのより激しい瞬間について話すためにも使用されていることがわかります。

満腹の段階

これらの時代であっても、半世紀、すなわち50年に達した人々は、若い大人の年齢を過ぎて成熟に備え、健康な体で、年の疲れなしで働くことができる人であることができたときに満腹の段階に入ったと言われています。

必ずしも人生の豊かさが50歳で始まるべきではない、専門家は、知的成熟、健康、活力、専門家、家族の堅実さなど、一連の要因が存在に収束するときに始 これは、人生に関してこの言葉に与えられる使用は、上記の特性を持つ人々を記述することでなければならないことを意味します。

膨満感の同義語

膨満感の同義語は次のとおりです: 遠地点、幸福、ピーク、素晴らしさ、ピーク、サミット、エクスタシー、全体、満腹感

満腹の反意語

満腹の反意語には、悲しみ、空虚、苦悩、欠けている、日没、平凡な、苦しみ、非実体的、些細な、欠けている、明確な、砂漠、欠けている、表面的な、弱体化、日食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。